全国に広く知れているいる料理の1つにもつ鍋があります。


もつ鍋の歴史は比較的浅く、戦後、博多で誕生してとされています。



由来としては、当時、鉄鍋が無いことから、素材の柔らかい形の崩れたアルミ鍋で、もつとニラが醤油味のタレで炊かれたいた事が始まりと言われています。その後、1953年頃に、味付に醤油味スープを使用した鍋が誕生し、徐々に広がりを見せ、地域においては広く親しまれる料理になっていきます。全国的な広がりを見せるのは、1992年頃に、博多で営業していた店が東京に進出をしたことでマスコミに取り上げられたことがあり、テレビにも紹介されたことから多くの人に知られることになります。様々な栄養素を持つ食材が使用されるために健康面で期待されたこともあり、現在では、女性を始めとして多くの人から人気を集めています。

博多のもつ鍋関する情報選びで困った時に見てほしいサイトです。

もつ鍋は、牛もつを使用して作りますが、この場合、種類としては、小腸もつとミックスもつがあり、小腸もつには脂身が付き、ミックスもつは、脂身の少ない小腸や、心臓、せんまい、ミノ、レバー、タンとうの部位が含まれています。

特徴としては、小腸もつがジュウシー、ミックスもつはどちらかというと固めのイメージとなります。現在、もつ鍋を提供する店は数多くあり、それぞれの店によって特徴のある鍋が提供されています。
基本的には、牛もつ、キャベツやニラ、ニンジンといった野菜、にんいくや柚子コショウ、鷹の爪といった薬味、味付としては醤油か味噌となりますが、店によっては、豆腐や餃子の皮、ゴボウ、玉ねぎ、もやし、きのこ類やこんにゃく類を加えるところもあります。
因みに、もつ鍋は、もつを中心として食べるイメージがありますが、本来は、野菜をたくさん食べるための料理となっています。

エキサイトニュースに関する予備知識が満載です。